ギャンブルパーク

世界のカジノ情報はもちろんオンラインカジノ情報やカジノリゾート情報を紹介しているブログ。カジノの口コミや体験談をリサーチするならギャンブルパーク

MARVEL好きのプレイヤーによるMARVEL好きのためのオンラインカジノゲーム

マーベルファン必見のスロット

日本のパチンコにもいくつかマーベルのキャラクター物があるけど、オンラインカジノのゲームだと、ほとんど全てのマーベルキャラのゲームがあるのを知ってますか???しかも、外国の会社が作っているから、ある意味リアルな感じの作りで、マーベルコミック感があって最高ですよ。

アベンジャーズのリーダー

映画しか見たことの無い人は知らないかもしれませんが、レッドスカルとの戦いを描いたゲームになっています。(右上の赤い顔した奴が敵のレッドスカルです。)

軍の徴兵基準を満たせない程貧弱な体だったが、ナチズムへの義憤と愛国心に駆られ1941年に軍の「超人兵士計画」に志願。人間を超人兵士に生まれ変わらせる特殊な血清を創ったアースキン博士がナチス工作員に暗殺され、血清の正確な精製方法はアースキン博士の頭の中にしかなく、スティーブのみが当時のアメリカの超人兵士「キャプテン・アメリカ」となった。

一番人気のスパイダーマン

スパイダーマンの映画の一番最初のでも登場したグリーンゴブリンとの戦いを描いたゲームになっています。コミックを主にしているので、映画よりも化け物感出てます。

最初のスパイダーマンの物語で、自身の失敗で彼の保護者であるベンおじさんが死に、最後のキャプションで「大いなる力には、大いなる責任が伴う」ことを知る。
巨大軍需企業「オズコープ(Oscorp)」の社長であるノーマンは、解雇した科学者が残したメモから肉体と知能を強化させる算法を発見し、それを基に血清を開発する。しかし、血清は突然爆発を起こし、ノーマンは顔から血清を浴びてしまう。それによって超人的な身体能力と知力を得るが、副作用で精神が蝕まれ、手に入れた力で史上最強の犯罪者になれると考え出す。自ら開発したコスチュームと装備品を身に着けてグリーンゴブリンとなり、スパイダーマンを倒せば犯罪者たちの間で尊敬されると考え戦いを挑んでいく。

イケメンおやじのアイアンマン

アイアンマンは、映画タイトルと同じく3作目までゲームが誕生しています。

1作目のアイアンマンは、単純にアイアンマンが飛んでミサイル撃ってというプロモーション的なゲームです。

ジェリコ」製造に取り掛かったトニーは、同じく捕虜となったインセン博士と一緒にエネルギーを生み出す熱プラズマ反応炉「アーク・リアクター」の小型版をゲリラの目を欺きながら開発する。胸に接続して生命維持を可能にする小型アーク・リアクターを完成させたトニーは、続いてアーク・リアクターと連動するパワードスーツ「マーク1」を開発。

2になって映画とマッチングしたゲームになりました。アイアンマン2の映画でも出てきたイワン(上部画像の左)との戦いを描いていて、ウォーマシンやいろんなタイプのアイアンマンが登場します。

アントンの息子、イワンはその事でスターク一族を逆恨みし、父が残していた設計図から独学で小型アーク・リアクターを作り上げ、それを動力源として動く武器「エレクトリカル・デス・ウィップ」を開発。

3も映画の流れをくんでいて、アイアンパトリオットとかウォーマシンが登場し、ゲーム演出も一段階ステージが上がった作りに変わりました。

クリスマスの夜、ポッツが囚われた巨大タンカーに潜入したトニーとローズは、これまで開発したアーマーを全機召喚してテン・リングスに総攻撃をかけ、現場に捕らわれていた大統領を救出。

緑のでっかいやつ超人ハルク

ハルクも一応映画の作りをくんでいる形ですが、基本大暴れして、落ち着かせて人間に戻せばOK的なキャラなので、スロットでも暴れまくっています。

天才的な物理学者であるロバート・ブルース・バナーは、新型爆弾ガンマ・ボムの実験中に実験場に迷い込んできた少年を助け、大量のガンマ線を浴びてしまう。

ただの宇宙人?神様?マイティー・ソー

マイティーソーは、唯一ガッツリと映画とコラボしたスロットになっていて、ゲーム内には、映画の俳優さんがキャラクターとして登場します。

キャッチコピーは「神失格の男(ヒーロー)”二つの世界”の運命は彼の手に」である。

スター大集合!アベンジャーズ

マーベルのお祭り的な、ウルトラマン大集合的な・・・アベンジャーズ。全部のキャラが登場するので、ファンは大好きに決まってます。

 
1963年に「それぞれ違う能力を持ったヒーローたちが協力して戦う」というコンセプトのもとに、すでに個別で活躍していたヒーローたちによって結成された 。マーベル・ユニバース最大のヒーローチームとして人気を博す。

アベンジャーズ以外のマーベルキャラも。

アベンジャーズの面々とは交わりませんが、それぞれで映画にもなっているマーベルの人気キャラクターもオンラインカジノではゲームになっています。

誤って宇宙で特殊な宇宙線を浴びてしまって、ゴム人間とか透明人間とか岩人間とか炎人間になってしまった奴等がファンタスティックフォー。何だか、今考えると、ルフィーのゴムゴムの実とか、エースのメラメラの実とかの流れに似てますね。

エックスメンシリーズも。

超人的な能力を持った特殊な人間達の中の正義の集団X-MENと、マグーニートー率いる悪の集団との戦いを描いたスロットです。

X-メンは、突然変異によって超人的能力を持って生まれたミュータントの集団である。ミュータントはその特異な能力から「将来取って代わられるのではないか」と人間からは危惧されている。

コミックを見ていない人は、こいつ誰だ?って感じでしょうが、漫画のウルヴァリンは、こんな奴なんです。このゲームはウルヴァリン単体をフューチャーしたゲームになっています。

ミュータントであるウルヴァリンは動物的な鋭い感覚と反射能力、そして実質的にどんな怪我からも回復することができる治癒能力(ヒーリング・ファクター)を持っている。

意外とファンが多いデアデビル

映画では、ベンアフレックが演じた悪を倒す盲目の戦士です。

本名はマシュー「マット」マードック(Matthew「Matt」 Murdock)。真紅のコスチュームに身を包んだ盲目のクライムファイター(=犯罪者退治専門のヒーロー)で、アイデンティティの通り「The Man without Fear」(恐れを知らぬ男)として知られる。

デアデビルに登場する女戦士エレクトラが主役になったゲームも登場。

デアデビルと殺し屋ブルズアイとの戦いに巻き込まれて命を失ったエレクトラ。しかしその後、善の組織のリーダーでもある師匠スティックのパワーにより蘇生する。そして彼の指導の下、武術や銃器の必殺法を見につけた最強の暗殺者へ生まれ変わっていた。

この辺りもマーベルって知ってましたか?

ニコラスケイジが映画で演じた、普段は人間だけど、悪魔の呪いで顔がガイコツになって、炎を拭きまくって走りまくって、悪を退治するヒーロー。

ゴーストライダーは燃え盛る炎に包まれた髑髏の頭部を持つバイク乗りの姿をしたアンチヒーローで、「復讐の精霊(Spirit of Vengeance)」の異名を持つ。普段は宿主である人間の姿をしているが、その力が必要なときになると変身をする。

ウェズリースナイプスが演じた、吸血鬼の物語。映画も大人気でした。

人間とヴァンパイアの混血として生まれた黒人の青年ブレイド。日光の下を歩けるためヴァンパイアたちから“Day Walker”と呼ばれる彼は、人間の老人ウィスラーと共に吸血鬼ハンターとして活動し、恐れられていた。

という感じで、マーベルファンには嬉しい、コミックに忠実な形で、ゲームが作られています(全部スロットですけど。)作っているのは、オンラインカジノのゲーム開発を行っている企業プレイテック社。
マーベルは、2009年にディズニーに買収されたので、今後新しくオンラインカジノのゲームで新規開発される事は無いでしょう。

なので、これらのゲームは世界で唯一MARVEL社のキャラクターを使ったオンラインカジノゲームと言えます。

8月31日に、ディズニーとマーベルの両社が発表した。買収は株式交換と現金を組み合わせたものとなる。買収総額は40億ドル(およそ3700億円)である。

遊んでみたい方は情報サイトで。

本当のカジノのゲームは、タダで遊ばせてと言ってもコインを入れないと回らないので、絶対で無理ですが、オンラインカジノは、お金を賭けなくても、無料でゲームを楽しむ事ができます。(勝ってもお金にはなりません。)オンラインカジノの情報サイトに公開されているので、タダで遊びまくってやりましょう!

無料オンラインカジノゲーム一覧

 
フラッシュゲームを使って用意されている物なので、スマートフォンでは遊べません。パソコンだけになります。

無料といえど、テレビゲームと同じで持ち金の設定がされているので、無くなったら、左下のキャッシャーと書いてある部分から、好きな数字を入力して追加すれば大丈夫です。もちろんいくらと書いても請求される事はありませえんからご安心を。